476082

シャンプーと薄毛の関係!よくシャンプーに使われている成分ごとに髪への影響を調べたので参考に!

シャンプーが薄毛の原因になる事があります。シャンプーは髪や頭皮に直接触れるものです。合わない成分が含まれている物を使用しシャンプーを行う事は、毎日合わない成分を髪や頭皮に付け続けるのと同じです。そのためシャンプーに含まれ […]

シャンプーが薄毛の原因になる事があります。シャンプーは髪や頭皮に直接触れるものです。合わない成分が含まれている物を使用しシャンプーを行う事は、毎日合わない成分を髪や頭皮に付け続けるのと同じです。そのためシャンプーに含まれる成分は薄毛に関係あります。

成分
引用元:M字ハゲの治療ができる病院とその費用
まず、一つ目に関係ある成分として挙げられるのがシリコンです。シリコンは髪をコーティングし髪のダメージを修復する働きや、髪にツヤやハリをもたらす効果がメリットとして挙げられます。シリコンが主成分のものを使用している場合、洗髪の際のすすぎが不十分で皮脂が頭皮に残ってしまうと、皮脂と共にシリコンが毛穴を塞ぎ、抜け毛や薄毛の原因となります。シリコンは髪をコーティングし髪に艶を与えるだけでなく、薄毛の原因となるデメリットも有ります。

次に関係あるものとして挙げられるのが、石油系の合成界面活性剤です。これらの成分は泡立ちの良さと強い洗浄力を持っており、シャンプーの成分に含まれる事があります。しかし、石油系合成界面活性剤は洗浄力が強すぎるので頭皮に必要な脂まで落とす事があります。頭皮の皮脂が不足すると、足りない脂を補おうと皮脂が過剰分泌されます。頭皮に皮脂が過剰分泌されると菌が増殖し、炎症が起こります。毛穴付近で起こった炎症は抜け毛や薄毛の原因になります。

また、シャンプーの見た目の色を良くする合成着色料や、洗髪後の香りを良くする香料はといった成分は、化学的に合成された物を使用しており人体にとって異物と言えます。異物が肌に触れ続けているとその部分が炎症を起こします。頭皮の炎症は抜け毛や薄毛の原因となります。

シャンプー後の爽快感や良い香りを得るためにすすぎをしっかりと行わなかった場合、頭皮に異物が残り続ける事となるため、薄毛のリスクが増大します。頭皮の状態を見極め自分に合った物を見つける事も重要ですが、シャンプーの際にしっかりと汚れを落とす事も薄毛予防には重要です。